ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

2017年 04月 20日 ( 1 )

秋田朝祷会

f0229700_21220188.jpg
何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。(ピリピ4:6~7)

 これはパウロが紀元61年頃にローマの獄中からピリピ人へ向けて書いた手紙だと言われています。ですが同時に、この手紙を読む私たちにとっては、まさに神様から現在の私たちへ向けて書かれた手紙だと読むことができます。


 私たちは日々、思い煩います。毎日の生活に追われ、会社へ行けば仕事のこと、会社での成績、人間関係。家に帰ると家族のこと、子供の教育、健康、今月の支払いなど。「思い煩うな」と言われても、不安な将来に対して思い煩ってしまうのが人間かもしれません。しかし聖書は、そのような思い煩いがたくさんある毎日の中で、「あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈り」と言っています。そのような生活の不安、仕事の不安、人間関係、健康の不安など、あらゆる不安の中で、それらを神様に感謝しなさい。そしてそれらの祈りを神様に捧げなさいと聖書は言っています。

[PR]
by carbondalle1996 | 2017-04-20 09:21 | 日記 | Comments(0)