ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

<   2015年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

歴史を貫く真実

f0229700_6254948.jpg


 「浙江省だけでこの1年半に合計1500本以上の十字架が、中国政府当局により破壊され、撤去された。習近平政権の異常なキリスト教弾圧の一環なのだ。中国当局はキリスト教の家庭教会と呼ばれる非公認教会を邪教と断じ、信者の多い浙江省内だけでもここ1年半に50の教会を破壊し信者1300人を逮捕した。当局はとくに信仰のシンボルとなる十字架の破壊を頻繁に続けている。」

 これは昨日(8月22日)の産経新聞の記事の一部です。最近の十字架破壊は当局支配下の教会にもおよび、十字架は教会の尖塔(せんとう)の上は禁止で、建物の前面の最上部ではない壁に埋め込むことを命じられるようになり、こうした命令に反対する牧師や信徒はすぐ拘束されるのだそうです。

なんだかローマ帝国時代に戻ったようなキリスト教徒の迫害が、21世紀の現代日本のすぐ隣の国で起こっていることに驚きをおぼえると同時に、怒りと悲しみを感じます。そしてこのような記事を読むとき、聖書の御言葉を思いだします。

“あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。” (創世記12章3節)

 先週の祈祷会は出エジプト記14章から、イスラエルの民が紅海を無事に渡り、神御自身がイスラエルの代わりに戦って勝利されました。前面に海、後方からエジプトの大軍という絶体絶命の場面で、神様はイスラエルの民に「戦いなさい」ではなく「見ていなさい」と命じました。それは神さま御自身が彼らの代わりとなって戦うことを意味します。現在も神様の命令は同じではないでしょうか。神様が私達の代わりに戦ってくださり、必ず勝利してくださる。

 キリスト教徒を迫害する帝国は必ず滅びます。それは歴史が証明する事実です。近年においてはソビエト連邦や東ヨーロッパの国々が崩壊しました。70年前にキリスト教を迫害した大日本帝国が滅びました。創造主なる神様ではなく、現人神として天皇を礼拝することを強要し、会堂内に神棚を造らせ、命令に違反した伝道者や信徒を投獄した帝国は敗戦を迎えました。そして日本全国に教会が建ち、私たちは今日こうして神様を礼拝しています。

 こうして私たちは聖書のみことばが単なる文字ではなく、歴史を貫く真実であり、未来に成就する真理であることを経験します。神様は御自身を礼拝するあなたを守り、あなたを必ず祝福してくださいます。ですから安心して今日を歩みましょう。神様はあなたを愛しています。

f0229700_6261711.jpg

[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-23 19:21 | 日記 | Comments(0)

秋田朝祷会

f0229700_616436.jpg



          今日は象潟キリスト教会にて


          秋田朝祷会が行われました


          メッセージは秋田純福音教会の


          ベ先生がしてくださいまさいた


          出エジプト記20章より


          神を愛し隣人を愛するとは

      
          どのような生活であるかを


          わかりやすく教えてくださいました


f0229700_6193997.jpg



          朝祷会後は美味しい朝食の時間


          象潟教会の信徒さんで


          料理店を営まれている夫妻が


          心を込めて作ってくださいました


f0229700_6214894.jpg



          これは夕顔と茄子


          夕顔を初めて食べました


          美味しかったです


f0229700_6232684.jpg



          これはポテトサラダですが


          教会員の方が育てたポテトで


          料理してくださったそうです


          こんなに美味しいポテトサラダは


          生まれて初めてでした!


f0229700_6251736.jpg



          かぼちゃも川魚も最高!


          さすがプロの腕前でした


          霊に満たされ


          お腹も満たされました


f0229700_629315.jpg



          これは稲庭うどん


          さっぱりした味で良かったです


f0229700_6304787.jpg



          神様に感謝!

     
          ハレルヤ!

          


   
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-20 19:30 | 日記 | Comments(0)

いろいろな立場の人々

f0229700_6461825.jpg


 当時の墓は横穴式です。イエスの死体を葬ったのはアリマタヤのヨセフというお金持ちでした。穴の中にイエスの遺体を置いた後に、墓の入口は大きな石で塞ぎました。どうして蓋をするかというと、蓋をしないと夜中に獣が来て死体を食べてしまうからです。今でもイエス・キリストの墓だと言われている横穴式の墓がエルサレムにありますが、恐らくその墓を塞いだ石は直径2mで熱さ30cm程だったろうと言われています。

 そのような大きな石が動かされて、イエス様の遺体が無くなっていました。そして死体を巻いていた布だけがそこに残されていました。ここまではユダヤ人もクリスチャンでない人々も認めている事実です。ここからが問題です。ではどうして墓が空っぽになったのかという疑問に対して、いろいろな立場の人々がいろいろなことを言っています。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-19 06:46 | 日記 | Comments(0)

昔から・・・

f0229700_641563.jpg


 昔から、イエス・キリストの復活は神話だとか、弟子たちの思いこみ出とか、クリスチャンが作った嘘だという説はたくさんありました。しかし、復活があったか無かったかは別にして、イエスという人が紀元30年の3月の過越の祭りの日に十字架で殺されて、墓に葬られて、墓の中が空っぽになったことは、クリスチャン以外の人々も認めている事実。特にイエスを殺したユダヤ人はこの事実を厳密に記録に収めています。

 イエス様の遺体が無くなった理由について世界中の人々の意見が分かれるのだそうです。弟子たちが盗み出して、勝手に復活したと嘘を言っているのか。それとも・・・。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-18 06:39 | 日記 | Comments(0)

本質以外は寛容であれ

f0229700_642139.jpg



          本質以外は寛容であれ

          他者とも違いを認め合い

          お互いを尊重することは大切です

          しかし、本質については

          妥協することなく

          はっきり言うべきことも大切

          キリスト教の本質は何だろうか

          それはイエス・キリストが

          僕の身代わりとなって十字架に架かり

          死んで葬られ

          陰府にくだり

          三日目に甦られたこと

          この方を信じるだけで救われること

          本質を大切にしたい

わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと、そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと。(Ⅰコリント15章3~4節)
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-17 06:42 | 日記 | Comments(0)

戦後70周年記念礼拝

f0229700_15231219.jpg


 横浜カルバリーチャペルのコラム「ぶどうの木」より抜粋。

 私たちの教会に三浦俊和さんという方がおられます。彼はあるとき教会の集会で、ぞっとするような体験を次のようにお証ししてくださいました。

 「1945年(昭和20年)八月六日は、私にとりまして永久に忘れることのできない日です。私の住まいは広島県呉市でした。呉市は軍港都市だったため、激しい空爆を受けて町は焼け野原でした。当時私は旧制中学の一年生でしたが、それはひどい食糧難の毎日でした。ところが幸いにも、私の両親の実家が農家でしたので、母と姉と私の三人は連れだって島根県の石見地方にある父の実家にお米をもらいに行きました。お米は何にもまして大切な宝物でした。

 八月五日、島根の父の実家からの帰り道、広島市の叔父の家に寄って、お米をおすそわけし、その夜、叔父の家に一泊しました。当時、広島市はまだ空襲も受けず、街も整然としていて、映画館も開いていました。

 八月六日の朝、私は高峰三枝子主演の「熱風」という映画を観て帰りたいと思い、叔父夫婦ももう一泊していくようにと勧めてくれました。ところがどういうわけか、姉が強引に私と母をせき立てて、広島駅午前六時十分発の呉線列車に乗り込み、呉市に帰りました。

 重いリュックサックを背負って、呉駅から焼け野原となった街の中を歩いて帰る途中のことです。ピカッと物凄い閃光がきらめきました。私たちは焼け跡の外壁だけが残っている電話局の構内に逃げ込みました。そこから西の空を見上げると、カボチャの形をした大きな雲が七色の虹のように輝いていました。その時、ドドドーンという強烈な爆音が響き渡りました。いわゆる「ピカドン」です。

 私たち三名を広島駅まで送ってくれた叔父の長男は、その足で三菱の軍需工場に動員されていたため工場に直行し、お陰で命拾いしました。叔父の家は爆心地から七百メートルの距離にあったため、長男を除いて家族全員が犠牲となり、遺骨も判別できない状況でした。

 もしあの日、半日広島を離れる時間を遅らせていたら、私はこの世におりません。みなさん、どんなことがあっても、戦争はぜったいに起こしてはなりません。一人の戦争体験者として、そう確信しています。」

 広島の八月六日、長崎の八月九日は、決して忘れてはならない、人類最悪の罪の日です。人間の愚かさが極まった日です。深く深く黙祷。

思いを一つにしなさい。平和に過ごしなさい。
そうすれば愛と平和の神があなたがたと共にいて下さるであろう。
          (Ⅱコリント13:11)


~横浜教会・武井博先生のコラム「ぶどうの木」より~

f0229700_1518498.jpg

[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-16 15:23 | 日記 | Comments(0)

復活は事実か

f0229700_19444597.jpg


 イエス・キリストが十字架に架かって死んで三日目に復活しました。キリスト教にとってイエス・キリストの復活は、キリスト教の土台です。もし復活が弟子たちの作り話であったならば、キリスト教は崩壊します。ですからキリスト教を撲滅したければ、キリストの復活が嘘だったと証明すれば良いのです。そしてもし復活が嘘であったならば、キリストの復活を信じているクリスチャンは、世界中で最も憐れな人々となります。なぜならば起きて無いことを起きたと信じているからです。

 しかし、もしキリストの復活が真実ならば、私たちは人生の根源的な問題に対して、解決が与えられていることになります。人生で起こる最大の悲劇は死です。人は必ず死にます。しかし、死に対する回答があるということになれば、人は生き方が変わります。だからイエス・キリストの復活はキリスト教の土台であり、私たちの人生をいかに生きるかという土台となります。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-15 19:45 | 日記 | Comments(0)

聖霊に励まされて前進する

f0229700_18144366.jpg


”こうして教会は、ユダヤ、ガリラヤ、サマリヤ全地方にわたって平安を保ち、基礎がかたまり、主をおそれ聖霊にはげまされて歩み、次第に信徒の数を増して行った。”(使徒9章31節)


     二日目の聖会も「聖霊に励まされて前進する」


     というテーマで学びました


     すばらしい聖霊となりました


f0229700_18181561.jpg



     聖会後に聖霊を求め


     イエス様への再献身の思いが与えられ


     参加者全員で恵みの座に進み


     神様に祈る時をもちました


     感謝いたします。
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-14 18:14 | 日記 | Comments(0)

リフレッシュパワフル聖会

f0229700_17481287.jpg



     今日は国立岩手青少年交流の家にて


     リフレッシュパワフル聖会が持たれました


     讃美タイムは拡大宣教学院の


     神学生の讃美チームがリードしてくださり


     すばらしい聖霊の満たしを経験


     讃美の中に主がおられることを


     感じた聖会でした


f0229700_17515517.jpg



     講師は加古川バプテスト教会の梅谷悟牧師


     加古川で教会を開拓されてから実に42年


     教会は乳幼児から高齢者まで


     すべての世代が喜びと感動に溢れ


     礼拝をしている教会です。


     教会内に小学生から高校生までが通う


     インターナショナルスクールを持ち


     高齢者のために介護福祉施設も運営している


     まさに赤ちゃんから老人までが礼拝できる


     理想の教会を加古川の地に建てておられる


     スーパー牧師先生です


     先生から沢山の恵みを頂いた聖会でした


     ハレルヤ!


     


     
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-13 23:46 | 日記 | Comments(0)

これは神話ではなく真話です

f0229700_6193180.jpg


 私は子供の頃から映画が大好きでした。水曜日は水野晴朗さんが解説する水曜ロードショー、これは後に金曜日に移動しました。また木曜日は東京12チャンネルが木曜洋画劇場、金曜日は高嶋忠夫さんが解説する金曜ゴールデン洋画劇場がありました。これは後に土曜日に移りました。

 そして日曜日は淀川長治さんの解説で日曜洋画劇場がテレビ朝日系列で放送されていました。私は淀川さんが解説する日曜日の映画が大好きでした。映画が終わった後の、淀川さんの「サヨナラ、サヨナラ」がとても大好きでした。淀川さんの解説を聞いて、映画の深さや楽しさを学んだ気持ちです。

 あるとき映画のタイトルは忘れましたが、イエス・キリストの復活が映画で放送された後、解説の淀川長治さんがこう言いました。「もちろん、この映画の中にあったイエス・キリストの復活は神話です」。当時、私はその言葉を聞いて納得しました。しかし、もし今、その言葉を聞いたとしたら、きっと画面に向かって反論するでしょう。

 キリストの復活はキリスト教の中心であり、土台です。本質以外は寛容であれと言いますが、寛容となってはいけない部分。それは寛容ではなく妥協となってしまいます。イエス・キリストが私たちの罪の身代わりとなって十字架に架かり、死んで三日目に復活したこと。私はその証人です。これは神話ではなく真話です。

 
[PR]
by carbondalle1996 | 2015-08-12 06:23 | 日記 | Comments(0)