「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

父親学校 in 秋田

先週20日から3日間、土崎教会で行われた父親学校に参加してきました。テーマは、「父が生きると家庭が生きる」というもの。自分の父親への手紙や、子供たちへの手紙、そして愛する妻への手紙などいろいろ書きました。父親学校に参加して驚いたのは、奉仕されている方々が、みなさん輝いていたこと。聞いてみるとみなさん東京や神奈川や群馬からバスや自動車に乗ってこられたとのこと。世の中は3連休で家族サービスをしているときに、みなさんが手弁当で秋田まで来られて、教会に泊りこんで奉仕をしてくださいました。そして3日目には、夜行バスで帰り、そのまま仕事に行くとのこと。なんだかそれを聞いて、真剣にこの授業を受けなければいけない。奉仕者のためにも、しっかりと受講しなければと思いました。
 父親学校に参加してうれしかったことは、やはり3日間一緒に学んだ父親たちとの熱い友情が生まれたこと。これを同期意識というのでしょうか。とても仲間意識を強く持てました。感謝!そして最終日は妻を招いて、洗足式。妻の足を洗ってあげました。まわりの奥様方はみな泣いていました。私の妻はというと、泣いてはいなかったです。まだ結婚5年目では泣けないのかなあと思いました。まわりはみなさん結婚うん十年クラスでした。今回は部分参加だったので、次回は全日参加したいと申しましたら、次回から奉仕者となるのだそうです。こんな落第点ギリギリで卒業させていただいた私が、次回から奉仕をして良いのだろうかと思いました。これが神様の恵みであり憐れみなのだと気付かされました。父親学校に感謝!

f0229700_559262.jpg

[PR]
# by carbondalle1996 | 2010-03-24 06:19 | Comments(0)