人気ブログランキング |
ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

シャカイナグローリー

f0229700_6374099.jpg


ところが、彼らの目の前でイエスの姿が変り、その顔は日のように輝き、その衣は光のように白くなった。(マタイ17:2)

 この時の時刻については書かれていませんが、ルカ福音書では弟子たちは熟睡していたとありますから、夜中または夜明け前だったと考えられます。イエス様が祈っているのに弟子たちが熟睡していたというと、ゲツセマネの園での出来事を想像します。あのときもイエス様が熱心に祈っていたのに、弟子たちは寝ておりました。そのような夜明け前、弟子たちが目を覚ますとイエス様の姿が変わっていました。

 「その顔は日のように輝き、その衣は光のように白くなった」とあります。これはイエス様が栄光の姿に変わったということ。この輝きをシャカイナグローリーと呼んでいます。ヘブル語で「栄光」という言葉は「カーヴォード」です。しかしユダヤ教の聖典であるタルムードでは、一般に使う栄光と神様の栄光を区別するために、神様の栄光を意味するときは「シャカイナ」と呼びました。これは「留まる」というヘブル語のシャカンに由来しています。現在は、このシャカイナに栄光を意味する英語グローリーをつけて、神様の栄光をシャカイナグローリーと呼んでいます。
by carbondalle1996 | 2016-01-12 06:37 | 日記 | Comments(1)
Commented by 名無し at 2019-04-22 02:02 x
ルカはオーラが見えたのでしょうね。
金色の気はヘッドチャクラを感じるなら、作れる。白いモヤモヤの気は、この世の全てのものに存在している。ハラチャクラを感じるなら、指先に球体を作れる。
これを他人ハッキリと見せるには、かなりの霊的エネルギーがいる。
肉体意識があると霊的意識に全エネルギーを集中できないし、肉体がない幽霊だと霊媒がないので現世に強く放出できない。
イエス様は三人の弟子の幽霊素を自分に集めて神を降臨させて、その状態を覚醒時でも維持させていたとみるのが妥当でしょう。
<< メタモーフォー 高い山に登られた主 >>