ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

素敵なクリスマスリース

f0229700_18314115.jpg
H姉作のクリスマスリース。すばらしいですね。見ているとなんだか感動します。

1818年の1224日、モールは、教会のオルガニストのフランツ・グルーバーから、教会のパイプオルガンが壊れているので、クリスマス・イヴの礼拝には使えないだろうと聞かされた。なんと、ネズミがオルガンのふいごをかじったのだ。しかも、雪が深く積もっており、礼拝の前に修理工が来るのは無理だった。モールは、クリスマス・イヴの礼拝にオルガンを使えないと聞いて、途方に暮れた。そこへ誰かが「貧しい農婦に赤ん坊が生まれたから祝福してあげてほしい」と知らせに来た。星の輝く冬の夜、雪道を通って家に帰る途中のモールは、初めてのクリスマス(イエスの誕生)のことを考えていた。訪問先の家で母親の腕に抱かれた赤ん坊を見たせいで、マリヤと赤ん坊のイエスのことが思い出されたのだろうか。


f0229700_18332679.jpg

  その昔、イエスさまの誕生の夜に、天使たちは羊飼いたちに歌を歌ったのだった。 帰宅し、そのことを考えていると、感動が言葉になって出てきた。ペン先から言葉がすらすらと流れ、紙に最初の行を書くやいなや、また次の行が書かれるという具合。そしていつのまにか、ひとつの詩ができあがっていた。しかし、そのためのメロディーがない。モールは何とかクリスマス・イヴ礼拝でそれを歌いたかった。そこで、曲を作ってもらおうと、オルガン奏者のグルーバーの家に急いだ。



f0229700_18371116.jpg
「グルーバー、この新しい詩に音楽を付けてほしい。深夜のミサで歌おう。オルガンがあろうとなかろうと構わない」。 モールはその詩にメロディーをつけて、ギターの伴奏で歌うことを望んだが、グルーバーは、自分はオルガニストであってギターはやらないし、作曲などなおさらできないと抗議した。だが、モールは引き下がらなかった。「ギターコード三つぐらいは知っているだろう。」グルーバーがうなずくと、モールは続けた。「じゃあ、三つくらいしかコードを使わない本当に簡単な曲を書いたらいいじゃないか。今夜、君の伴奏で、僕たちは新しいキャロルを歌うんだ。」  
f0229700_18343616.jpg

  

そこで、グルーバーはモールの求め通りにし、1時間もしないうちにその曲を書き上げた。そして18181224日のクリスマス・イヴに、新しいクリスマス・キャロルがオーストリアの街の小さな教会で披露されました。この曲が「きよしこの夜」です。私たちの目には絶望と思えることでも、神様はそれを希望へと変えて下さいます。神様は、人類を覆う絶望という夜に対して、イエス・キリストという希望の光を与えて下さいました。この方の誕生をみんなで一緒にお祝いしましょう。メリークリスマス!


[PR]
by carbondalle1996 | 2017-12-21 18:35 | 日記 | Comments(0)
<< Merry Christmas ! アドヴェントⅢ >>