ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

春の特別伝道集会

f0229700_09133923.jpg

アーティストのジョン・フルカーさんと全日本リバイバルミッションの伝道者・平岡修治先生をお迎えしてゴスペルコンサートとバイブルメッセージの集いを開きました。平日の午後という時間でしたが、近隣の方々など初めて教会に来られた方を含め22名の人々が集まりました。ジョン・フルカーさんは、ピアニストであり、作曲・アレンジも手がける。RB(リズム&ブルース)業界で有名なビヨンセ等のバック奏者の業績もあり、独自のコンテンポラリー・インストロメンタル・ミュージックを開拓しています。ジョン・フルカーさんはソロ活動の傍らでボーカルコーチもしており、リチャード・ギア主演の映画「Shall We Dance?」でヒロインを演じたジェニファー・ロペスは、ジョン・フルカーさんがボイストレーニングをしています。そのような有名アーティストのジョン・フルカーさんがCDアルバムの中から「Father, Jesus, Sprit」や「Findme faithful」などを歌ってくださいました。

.

f0229700_09163553.jpg

そのなかでサイモン&ガーファンクルの名曲「明日に架ける橋(Bridge over Troubled Water)」を歌ってくださり、歌詞が示す「Like abridge over troubled water」が、困難や苦難の中に遭って、「I will lay me down」と言ってくださる方がいる。イエス様が架け橋となって「I will lay me down」と言ってくださるのだと歌の中で知りました。子供の頃、なんとなく聞いていた曲が、実はイエス様を歌った歌だと知り、改めて感動しました。

.

f0229700_09175233.jpg

平岡先生は、ユーモア溢れた中にも知性が光るバイブルメッセージで会衆の心を捉え、マシンガンのような早口で人の創造の不思議、自然科学の不思議を語り、そこには目に見えない創造主なる神様がおられることを語ってくださり、聴いている会衆がどんどんと先生のメッセージに惹き込まれて行きました。メッセージの最後に私たちの罪の身代わりとなってイエス様が十字架に架かってくださったこと。神様が一人子なるイエス様を十字架につけるほどに私たち人類を愛してくださったことを語ってくださり、初めて教会に来られた方が「不思議に涙が流れました」と聖霊に満たされた集会となりました。そしてみんなで罪を悔い改めて、イエス様を受け入れるお祈りをしました。ゴスペルコンサート&バイブルメッセージの集いは、素晴らしい伝道集会となり、主の御名を崇めました。

.

「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。」 (マタイ18章3節)



[PR]
by carbondalle1996 | 2018-05-23 23:12 | キリスト教集会 | Comments(0)
<< Happy Birthday! 敬天愛人 >>