人気ブログランキング |
ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

Happy Birthday

f0229700_16333006.jpg
今日は4月生まれのみなさんの誕生日会。伊藤姉と私が4月生まれということで、みなさんに誕生日をお祝いしていただきました。伊藤姉の特性イチゴのショートケーキ。とっても美味しかったです。
# by carbondalle1996 | 2019-04-14 16:35 | 日記 | Comments(0)

土曜すくーる

f0229700_16274691.jpg
 今月の土曜すくーるは桜もちをみんなで作って食べました。「食紅が無い」とか、「見本と色が違う」などなど、いろいろとお友達からクレーム?も入りましたが、なんとかそれぞれ美味しい&素敵な桜もちができました。桜もちを食べた後は、みんなでイースターエッグ探しをしました。「どうしてイースターはエッグなのか?」という質問については、次回お話しするということで。今回はイエス様の復活=復活祭(イースター)を理解していただきました。

# by carbondalle1996 | 2019-04-13 16:26 | 日記 | Comments(0)

令和

f0229700_08124958.jpg

大和教会の大川先生のブログを紹介します。すばらしいコラムです。


新しい元号が決定した。私たちキリスト者は、西暦を用いる。それは、キリスト様がお生れなさって、今年は2019年。A.D とは、Anno Dominiの略。 英語では in the year of the Lord の意。B.C Before Christ 紀元前、キリスト生誕前の意。世界中で使われていて便利である。

日本人として、明治、大正、昭和、平成を生きぬいて来た人々にとっては、感慨無量でありましょう。「令和(れいわ)」の典拠は、万葉集から。「初春令月、気淑風和、―――」 初春の令月にして、気淑く風和ぎ、―――」現代語訳によれば、「時あたかも 新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、」歌人・大伴旅人の作とのことだが、私個人としては、「()()(かぜ)(やわら)、」の表現が大好きになりそう。

「令」の字が使われるのは初めてで、「和」は20回目とのことであるが、いつの時代でも「平和」でありたいし、皆なか好しで「和ぎ」の日々でありたいのは、どの時代でも求めている大切な心であろう。この際、会社やお店の名前に「令和」を使う人が続出しているそうだが、 「大和教会を令和教会」にしようという動きはない。しかしそうしたら、確実に、マスコミのエジキになるだろう?!

聖霊なる神様は「風」に象徴されるから、「霊和」といえば、非常にキリスト教的平和表現であって面白い。中国文化学者の加藤徹・明治大学教授曰く「令」とは、もともとは神様のお告げのことで、クールで優れているという意味。

事の帰する所は(英語では、人生の結論は)、神を恐れ、その命令を守れ。これはすべての人の本分である。神はすべてのわざ、すべての隠れた事を善悪ともにさばかれるからである。(伝道の書12章13~14節) 

この聖句は、幼い時から大切にして来た聖句である。「令和」とは、主の命令を守ってはじめて、和を味わい、その中で生きることができるのであろう。マリヤさんなら「隷和」と表するかもしれない。深い!!  ~大川先生の「石の枕」より~


# by carbondalle1996 | 2019-04-07 08:15 | 日記 | Comments(0)

秋田刑務所

f0229700_10031527.jpg
 今日は秋田刑務所にて教誨師のご奉仕です。素晴らしい天気に恵まれて良いご奉仕ができました。
# by carbondalle1996 | 2019-03-28 16:02 | 日記 | Comments(0)

岡部先生を迎えて

f0229700_11282257.jpg
 今日はルーテル同胞教団能代キリスト教会の岡部先生を迎えてご一緒に礼拝とお交わりの時間をもちました。福田ご夫妻も参加してくださり、懐かしい昔話や信仰のビジョンなど共に分かち合う時間を持てました。感謝。
# by carbondalle1996 | 2019-03-24 17:26 | キリスト教集会 | Comments(0)